客席のシェリー

好きなものを観客目線で語るだけのブログです

夢の地から希望が去った日

 

舞台っていいよねぇ、宝塚大好きなの

だってあんなに美人密度が高い空間がありますでしょうか!!?

 

今日はそんな宝塚歌劇団でも近年まれに見る最強美声トップコンビ、だいきほ退団公演『fff-歓喜に歌え-』シルクロード-盗賊と宝石-について語らせてください!!

 

盛大にネタバレしております

 

fff-歓喜に歌え-

 

耳聞こえない、人に会えない、結婚できない、体調悪い、パン投げる、お風呂入らない。

そんなどうしようもない天才音楽家を見事演じたのが悲劇と破滅をやらせたら右に出るものはいないと言われる望海風斗。

そして彼をいつも見守りたまに煽りまくる美声の謎の女真彩希帆。

 

この二人の掛け合いがとんでもなく可愛かった。

ただの夫婦じゃんってなったよ。

 

出てきた瞬間から謎の女はずっと無表情なんだけど、ルイの前でだけ表情を崩すの。

私が特に好きなのはルイがナポレオンが皇帝になったことを知ったシーン。

それまで「あなたは不幸」とか哀れんでた謎の女がルイを煽る煽る。

「あなたはただのミュージシャンよ」とか言いながら、でもあなたはやるんでしょ?みたいな目がたまらない。

 

ルイはルイで何かと口出ししてくる女を鬱陶しがりながらもどこか彼女に甘えていて、その距離感が最高なのよね

 

最後「死は救いなの」とルイに銃口を向ける女にどれだけ嗚咽を抑えたか

これ以上あなたと一緒にいてもあなたは不幸になって、私を恨むだけ。そうなる前に私はあなたを救いたいのっていうあの表情。

そしてそれを見透かしたようなルイの目。

嗚呼、だいきほを見てる気分だ。

だいきほを見てるんだけどね!!言いたいことわかりますか!!

 

恋愛に関しても関さなくても茨の道を進んできただいきほが、最後恋人ではなく魂の伴侶というか、お互いの運命そのものになるという尊すぎる結末に全だいきほ担が泣いた。

上田久美子は天才だった。

 

だいきほにフォーカスを当てて話したんだけど、他の方もも最高だったの!

「私の警察組織を甘く見ない方がいい」っていうニヒルなカリ様。

あれ、ナポレオンってパリコレ出てたんだっけ?っていう超絶スタイルの咲奈様。

ハーフアップ選手権があったら優勝確定というかもはや殿堂入りして審査員長レベルの凪様。

教え子の家に勝手に人連れ込んだ挙句ちゃっかり教え子と結婚しちゃうあーさ。

そして可愛すぎるみちるちゃん。

 

書ききれないからこれくらいにしとくけど、もうね、最高だった。

 

 

シルクロード-盗賊と宝石-

 

まずね、言いたいことはただ1つ。

生田先生ありがとうございます!!!!!!!!!

 

望海風斗にこじらせ色男を当てたがるでお馴染みの生田先生。

歌が上手い人、男役同士の絡み、強い女が好きすぎる生田先生。

絶妙にエモい歌詞書く生田先生。

全生田先生が詰まった最強レビューを観た気がする。

 

望海さんに盗賊させた挙句「逃げ出そうとも最後は俺のものになるさ」とか歌わせてさ、その上きいちゃんに宝石役やらせてそれを凪様にエスコートさせるとか!!一体どうやったらそんなことできるの

 

なんだろ、生田先生ミューズの退団公演でショーの演出できるからってテンション上がっちゃったのわかるけど性癖詰め込みすぎwってなったよ

 

望海風斗に盗賊ってだけで罪深いのにさ、千夜一夜の場面では手錠なんかはめちゃってしかもその姿であーさと絡ませて、その上そこにお腹丸出しの真彩嬢が出てくるの!!どこ見たらいいの!!?

最後、「というお話」とかいってたけどそんなことでは誤魔化せませんよ!?ってなったわ。

 

そこで疲れてたらこのショーは見れません。

なぜならこのショーには大世界という超絶性癖もとい、超絶かっこいい場面があるからです。

 

雪娘二人を従えて最強の美声でラップを歌う真彩希帆嬢と、その前で爆踊りするチャイナ服の雪男たち。

望海風斗が雪娘を口説きイチャイチャしてる横で彩彩が絡んでるわ、ほんっとどこ見ればいいの!!?(2回目)

この場面ではオペラを左右させすぎて酔います。

 

そのあとねぇ、タンゴよタンゴ。

嗚呼、タンゴ。

ドンジュアンを思い出したのは私だけじゃないはず。

のぞさきにタンゴ踊らせるのが好きなんだな?ん?

望海風斗に翻弄されてる彩風咲奈という構図が好きなんだろ!!?私もだよ!!

 

そしてねぇ、激エモシーンは他にもありまして

そう、「君の最後を俺が奪おう」ですってよ奥様。

意味深がすぎるよ生田先生。

トップコンビが歌ってるっていうので誤魔化されてるけどとんでもなく私情が垣間見えるぞ

 

ここで今一度望海風斗と生田大和の軌跡を振り返りましょう。

演出家デビュー作「BUND/NEON 上海」

大劇場デビュー作「ラスト・タイクーン

望海風斗東上主演「ドン・ジュアン

望海風斗トップお披露目「ひかりふる路」

望海風斗退団公演、ショーデビュー作「シルクロード

 

まぁこんな感じでこちらも運命かのように同じ道を歩んできたコンビでして、そんな生田先生が「君の最後を俺が奪おう、誰にも渡さない」とか、そのクールメガネに隠したうちなる情熱がすごいわ。

 

そんなこんなで見終わる頃には息も絶え絶えになってる。

こんなにカロリー使うレビューあったかな。

私も興奮のあまり手が痛くなってきたのでここらで失礼いたします。

 

 

 

希望が去れど夢はまだまだ続いていますので、私の宝塚愛はまだまだ冷めません。

そして退団後の皆様の動向にも目が離せず、とりあえずのぞ様のインスタフォローしようなみんな

 

ではまたいつか

Sherry.